所属棋士

33 の例文 (0.00 秒)
  • 呉が日本棋院所属棋士ではないために可能だった提案である。 ...
  • 第7回までは出場できたのは日本棋院所属棋士のみである。 ...
  • このドラマは日本将棋連盟所属棋士が数名、カメオ出演している。 ...
  • 小菅自身の直弟子として後の将棋連盟所属棋士にも系譜が続いているのは山本樟郎だけである。 ...
  • こうして関西棋院所属棋士や呉清源も参加する名人戦が読売新聞の主催で創設された。 ...
  • 東京新聞が1956年に朝刊を発行したことを期に、日本棋院所属棋士による棋戦として開始。 ...
  • しかし日本棋院との緊張関係が緩和に向かった上、独立によって日本棋院所属棋士との対局機会が減少したこともあり、所属棋士の活躍は次第に目立たなくなった。 ...
  • この方式による手合を毎月2局ずつ行うこととして、また所属棋士の義務とされ、1924年9月から開始された。 ...
  • 下記は日本棋院所属棋士のみを対象にした集計であり、関西棋院所属の棋士は集計に含まれていない。 ...
  • こちらも日本棋院所属棋士のみを対象にした集計であり、関西棋院所属の棋士は集計に含まれていない。 ...
  • 後の将棋連盟所属棋士にも系譜が続いている直弟子としては溝呂木光治がいるが、他に当時著名な棋士として八段まで登った斎藤雅雄がいた。 ...
  • その後、AGA所属棋士は産経プロアマトーナメント戦など日本や韓国のプロ棋戦にも招待されて出場しており、活動の幅を広げている。 ...
  • ヨーロッパ出身の日本棋院所属棋士の誕生は、ハンス・ピーチ以来19年ぶり。 ...
  • マンフレッド・ヴィンマーは、オーストリア出身の関西棋院所属棋士である。
  • 日本国内には日本棋院と関西棋院の2団体があり、両棋院はそれぞれの所属棋士に限定して独自に賞金ランキングを算出している。 ...
  • 後の将棋連盟所属棋士にも系譜が続いている直弟子としては大崎熊雄と宮松関三郎の2名がおり、それぞれ多くの弟子を輩出した。 ...
  • 日本棋院中部総本部所属棋士が参加して、1976-78年に3期行われた。 ...
  • 次へ