所信を披瀝

12 の例文 (0.00 秒)
  • その席でレーダー元帥は、挨拶代わりに意味深長な所信を披瀝した。 ...
  • 参内して明治天皇に拝謁はいえつい、天皇に所信を披瀝ひれきしたてまつった。
  • 一歩転じて、堂々と所信を披瀝する時や、相手の所論を強く攻撃する時などには、その女性的な響きが、張り切った鋭い矢音となる。 ...
  • 堂々と所信を披瀝ひれきして、江戸の情勢を逐一はなしをすると、原等の気持はだいぶ動いてきた。 ...
  • 加えて、所信を披瀝した祈願書を奉納すれば、関東の諸将も注目し、われわれを理解する一助になろう。 ...
  • 威武にも屈せず権力にも恐れず、堂々と所信を披瀝したあげく、身を殺してかえりみなかったのは大丈夫でなければ出来ない所業しわざだ。
  • 橋本左内は、攘夷令降勅の件には関係なかつたので微罪になると思はれてゐたが、彼は、堂々と裁判官に所信を披瀝して退かなかつた。 ...
  • 執拗に所信を披瀝すべしというのは、事変以前に起案されていた「満州問題解決方策の大綱」の〈関東軍に自重を促すが、それでも排日行動が強まれば軍事行動を認める〉という内容を、公然と主張せよという意味であった。 ...
  • 而も堂々と所信を披瀝して憚らなかつた浜尾総長が軍部の怒りも恨みも買はず、軍部は軍部で帝大総長の人格と信念とを容れて、光風霽月の襟度を示した点は、当時、学府と軍部とがその思ふ所を忌憚なく語り合つて、倶に進まんとする美挙として、心ある者に深い感銘を与へたのであつた。 ...
  • それはとにかく、ソクラテスの偉大なるところは、徹頭徹尾、思い切って所信を披瀝ひれきした、その無遠慮な点に存する事をいながたい。 ...
  • 泡鳴は、騒然たる攻撃と非難に真向うから対抗し、「僕の別居事実と諸家論議」をはじめ、「三度妻を換へた話」「各方面から観察した男女の貞操」「自由恋愛の意義と社会関係」など相次いで所信を披瀝した。 ...