戦役事変別合祀

5 の例文 (0.00 秒)
  • 現在の靖国神社は、「戦役事変別合祀祭神数」として、次のようなデータを公表している。 ...
  • 二〇〇四年一〇月一七日現在の「戦役事変別合祀祭神数」によれば、日清戦争の合祀者一万三六一九柱、「台湾征討」一一三〇柱、合計一万四七四九柱であるから、「時事新報」にこの論説が出た時点では、まだその半分以下しか判明していなかったことになる。 ...
  • しかも、この「戦役事変別合祀祭神数」を見る程度では、靖国神社が日本植民地主義と骨がらみの関係にあったことをとうてい十分には想像することができないのである。 ...
  • この「台湾戦争」は、現在の靖国神社の「戦役事変別合祀祭神数」でも、いまなお「台湾征討」と、すなわち、まつろわぬ台湾を征伐する正義の戦争として日清戦争と区別して挙げられている。 ...
  • また、靖国神社が「戦役事変別合祀祭神数」を発表しているように、「北清事変」「済南事変」から「満州事変」「支那事変」まで、事実上の戦争が「事変」の名で呼ばれたことは少なくなかった。 ...