戦争完遂

24 の例文 (0.00 秒)
  • 国家のあらゆる部門を戦争完遂に向けなければならない。 ...
  • 誰が陸相になろうとも、陸軍を代表して〝戦争完遂〟を強く主張するであろう。 ...
  • あくまで戦争完遂につとむべきはいうまでもございませんが、また、お言葉のようにこれと並行して外交的な方法をとることを必要と考えております。
  • だが護国同志会は反東條であったものの戦争完遂を主張していた会派であったためメンバーの大半が公職追放となった。 ...
  • この法に基づく統合によって生まれた事業者の路線であっても、その後の戦局の悪化の影響を受け、戦争完遂のために特に重要と見なされ国有化された路線がある。 ...
  • これらによって、阿南が戦争完遂論者でなかったことは明らかなので、彼の心境についての「徹底抗戦説」は否定される。 ...
  • 「もう戦争継続は出来ないと思うが、あなたは戦争をやめる気はないか」 戦争完遂を唱える陸軍の代表に対して、思いきった発言であった。 ...
  • それは、いわば二・二六事件からひきつがれた陸軍主導の膨張政策、同時に「最後の一兵まで」という戦争完遂路線の終焉をも意味していたのである。 ...
  • そこには辞意をきいた天皇が、「さらに政権の座に居て戦争完遂に努力せよ」と、東條の翻意をうながしてくれるという期待がこめられていた。 ...
  • それで鈴木内閣が倒れ、陸軍内閣をつくれば、戦争完遂には最も好都合のはずである。 ...
  • 本土決戦による戦争完遂は、陸軍統帥部の大前提であった。 ...
  • 阿南は〝戦争完遂〟を唱える陸軍からその代表として推され、同時に、まだ全くその意図を表面に現わしていない早期和平論者からも支持されて陸相となった。 ...
  • これ以降『漫画』の編集権を失った新日本漫画家協会は団体としての実態がなくなり、さらに事実上、一部の漫画界が戦争完遂を目的とした国家総動員体制に否応なく組み入れられることになった。 ...
  • 演劇や映画の企業も、これまでの営利主義を一擲し、国家の統制の下に、企画製作を通じて、戦争完遂を目指した直接の啓蒙宣伝に一層協力することはもちろん、大東亜文化の樹立に先行する、気品と情熱に富む作品の出現を促すでせう。 ...
  • 重臣の中で東条一人は戦争完遂を上奏し、岡田啓介は敗戦の現実に則して意見を述べたが、最も率直に戦争終結の要を説いたのは近衛であった。 ...
  • これが、満州事変から太平洋戦争になだれ込むと、戦争完遂のため兵器メーカーとして重要な一翼を担わせられて、同族経営は限界にきた。 ...
  • 第二次世界大戦、さらに独ソ戦が勃発すると対独戦争完遂のため、スターリンは、従来、ソ連共産党が採っていた方針を転換し、国民のロシア・ナショナリズム、愛国心の鼓吹のため帝政時代の英雄や宗教的権威を認めた。 ...
  • 次へ