我田引水

82 の例文 (0.01 秒)
  • 我田引水の姿勢で読めば、この部分は大変納得のいくものであったから。 ...
  • しかし、誰がこの四国の医師の我田引水をとがめることができるだろうか。 ...
  • だから私は何も我田引水的に大杉を文学に結びつけようとしているのではない。 ...
  • しかしその中のあるものは我田引水の説かも知れない。 ...
  • が、どちらにしろ、自分たち銘々に都合のいい、我田引水式の解釈だ。 ...
  • 日本人の基本的な行動様式に、「我田引水をきらう」ということがあります。 ...
  • 張鼓峰事件の解決を理想的とするのは、作戦課長の我田引水のきらいがある。 ...
  • わたしははじめから全部我田引水的な話ばかりしているわけですが、少なくもそういうふうに生かしていくことができるのではないか。 ...
  • 旧筑摩県全体ではなく、松本のみの都合を考えた「我田引水」とみたからである。 ...
  • だから、田植えのときには全員で力を貸しあったし、我田引水は軽蔑けいべつの対象となった。 ...
  • 人というのはある物事を妄信してしまうとなんでも我田引水に解釈してしまう傾向があることを指している。 ...
  • 作家と同様にと書くと、我田引水となるか。 ...
  • 彼でなくったって、ある目的だけを正当化しようと我田引水すると、たいていこういうことになる。 ...
  • ポストのない学者の、我田引水ではないか、とこれをみるならば、それは明らかにまちがいだ。 ...
  • 私もかなり大声のほうで、我田引水と言われるかもしれないが、大声礼讃論を雑誌に書いたこともあるし、講演でしゃべったこともある。 ...
  • しかし、地方人は都会人のように、さまざまのものを体験していないから、勢い我田引水におちいる。 ...
  • 我田引水というか、そこで数字を『1』移動させる理由が、見つかりませんから。 ...
  • 各々我田引水の手柄話に熱を上げて居ると、正成は「それは菊池だろう」と言った。 ...
  • あるいは生物物理学といってもよろしいのでありますけれど、あまり物理という言葉を使いますと我田引水のように誤解されそうですから、それもやめます。 ...
  • 老倉については我田引水がでんいんすいが過ぎるのかもしれないけれど、しかし幼なじみである彼女を論理だけで語るのは、僕には無理である。
  • それは我田引水の論でない。 ...
  • 勿論我田引水的のところもあろうが、ただこれも一つ参考として教育者の方々に見て頂けば大幸である。 ...
  • 以上はなはだ雑駁なお話をいたしましたが、それは要するに東洋に生まれた一人の物理学者の我田引水的な意見に過ぎなかったかも知れません。 ...
  • 州都の位置は各地域の盛衰に直結するので、州都や枠組みで我田引水の如き主張が展開される例は珍しくない。 ...
  • で、甚だ我田引水がでんいんすいのようですが、特別の知識をもって秩序的に研究する人は格別、単にその年代が古いとか、世間にめずらしい品であるとか云うので、特殊の人形を珍重する人はほんとうの人形好きとは云われまいかと思われます。 ...
  • どこまで我田引水がでんいんすいなんだ!? ...
  • ちょっと我田引水の話になるが、わたしは、殺人というような犯罪の深淵を、もっとも深く考察したのは、小林秀雄ではないかと思う。 ...
  • 自身のラジオ番組で、自分の作品を特集する場合は「我田引水くんにお願いする」と言う様に別名を用いて大滝詠一として直接自分の作品を取り上げない演出をしていた。 ...
  • 次のページ