慰藉料

全て 名詞
86 の例文 (0.01 秒)
  • でないとすれば、慰藉料いしやりようのようなものでも請求されるつもりなんですか? ...
  • 離婚問題も慰藉料いしゃりょう問題も鳥の世界には起こり得ないのである。 ...
  • 遺族がもらった慰藉料は二十円だったというものがあり、いや十円だというものもあった。 ...
  • 男の貞操も認め男の子にも慰藉料をやるのが同権にかなうという意味であった。 ...
  • 娘をキズモノにされたのは残念だが、財産がなくなっちゃア慰藉料もとれない。 ...
  • 彼女は彼に精神的損害に対する賠償、つまり慰藉料を要求していた。 ...
  • 「一千万と三千万じゃ、たいへんな違いだ」 慰藉料の額は五百万円だった。 ...
  • これは政子の慰藉料には不足だが、その一部分にとっておく。 ...
  • どういう話し合いがなされたのか、夕利子には慰藉いしや料が支払われた。 ...
  • そこでわたしたちも、子供の家族のために慰藉料いしゃりょうとして強引ごういんに百ポンドきださせることにしました。 ...
  • よって、物質上の損害は、金十万円、精神上の損害は慰藉料金二十万円に値いするものである。 ...
  • 男の子は喜び勇んで我も我もと慰藉料を請求したいにきまっているが、女の子は払ってくれないね。 ...
  • もう子供ではないのだから、旅費と慰藉料いしやりようとを払って家に帰してやれば、それだけで済んだ。 ...
  • わたし自身としては、ごく当り前の人間で、特に金に汚ない人間だとは思っていませんでしたが、しかし慰藉料ももらわずに離婚されるなどとは、我慢がなりませんでした。 ...
  • そこで失われた童貞に対して慰藉料請求となった。 ...
  • 作家仲間の話では当座の暮らしには困らぬくらい、まあ、慰藉料いしゃりょうを出したらしいというんですが、それ以後の消息はだれも知っていない。 ...
  • 幸い、子供もいなかったし、彼さえきちんと慰藉料いしやりようを払えば、むしろ、心が完全に離れたままで夫婦という形をとっている彼の妻も、新たな幸福を見つける可能性がある。 ...
  • 次へ