意見を披瀝

4 の例文 (0.00 秒)
  • この雑誌は彼の思想の集大成とも見るべきもので、死ぬまで彼はここにあらゆる問題について自己の意見を披瀝ひれきしてやまなかったし、また「奇人の夢」「百姓マレイ」などのような独自の好短編をも載せている。 ...
  • たしかに、以後、江戸老職は忠隣をはじめとして、おのれの意見を披瀝ひれきしなくなり、駿府の顔色のみをうかがうようになったのである。 ...
  • その中で、拓一は、大胆率直に自分の意見を披瀝ひれきした。 ...
  • それで私はかくし立てもせずに『いかにもさようでございます』とお答え申し、事細かに子細を申し述べ、臆しもせずに意見を披瀝ひれきしました、またそのうえわざわざ諷刺画の巻物や数字まで出して見せたものです。 ...