惑星モンダス

9 の例文 (0.00 秒)
  • 旧シリーズにおいては、太陽系第10番惑星モンダスの住民たちが病気に苦しみ、患部を機械と交換したのがサイバーマンの起源である。 ...
  • 太陽系第10番惑星モンダスで暮らしていたヒューノマイドがサイボーグ化した姿。 ...
  • また、1966年の The Tenth Planet が最初で最後の登場となっていた、惑星モンダスの最初のサイバーマンも再登場した。 ...
  • ニール・ゲイマンによると、本作の最後でドクターにより一瞬で別の時空間に送られたサイバス工業のサイバーマンは、最終的に惑星モンダスのサイバーマンと遭遇し、技術が交雑・交換され、「銀色の悪夢」で様々なサイバーマンが見られたことに繋がった。 ...
  • ブラックホールの重力圏から逃げられなくなったマスターは惑星モンダスのコロニーシップの最下層で生活し、病人や負傷者をサイバーマンにアップグレードしていた。 ...
  • これは「サイバーマン襲来」に由来するサイバーマンがパラレルワールドを起源に持つサイバーマンであり、「子連れのコンパニオン」に登場するサイバーマンはクラシックシリーズにも登場した惑星モンダス発祥のサイバーマンと異なる系譜であるためである。 ...
  • 惑星モンダスの船でマスターが生み出したサイバーマンの軍団から逃れるため、ナードルは小型宇宙船を操縦してモンダス船の上階へ全員を避難させる。 ...
  • 具体的には惑星モンダス、タロス、第14惑星、ボガ、カナリー・ワーフ、月である。 ...