悪寒めい

9 の例文 (0.00 秒)
  • 背筋を悪寒めいたものが、なん度もなん度も繰り返し這い上ってくる。 ...
  • 刑部はそんな光秀を見ながら、なにか悪寒おかんめいたものが背筋を駆け抜けていくのを感じていた。 ...
  • そんな事を考えた瞬間、ハルユキはようやく、小さな悪寒おかんめいたものに襲われて背筋をふるわせた。 ...
  • 加奈美は安堵の息を吐いたが、それでも背筋の下のほうに鈍い悪寒めいたものが張り付いた気がした。 ...
  • 「虫のよいことを考えておるらしいの」 見すかすような魔道士の声が、銀仮面をとおしてヒルメスの顔に触れ、悪寒めいたものを生じさせた。 ...
  • 背筋に悪寒めいたものが走った。 ...
  • 加奈美は初めて悪寒めいたものを感じた。 ...
  • ガルーの背筋にぞっと悪寒めいたものがはいのぼる。 ...