悪寒が走る

71 の例文 (0.00 秒)
  • その指がハリーの手に触れたとき、悪寒が走るのをハリーは抑え込んだ。 ...
  • その上に記された文字を読んだ途端、アスナの背中を軽い悪寒が走った。 ...
  • それだけで背筋に悪寒が走るほど、殺される一歩手前の恐怖は残っている。 ...
  • 手袋につかまるのを防ぐためにだと悟り、おれは悪寒が走るのを覚えた。 ...
  • 悪寒が走ったことは同じであったが、悪寒の質が他の連中の場合とは違っていた。 ...
  • 江利子はわけもわからず恐ろしくなり、背中に悪寒が走るのを感じた。 ...
  • 背中に氷の塊でも当てがわれたように、全身に悪寒が走った。 ...
  • 中から何かが漏れ出てくるような感覚に、ジュウの背筋せすじ悪寒おかんが走る。 ...
  • 矢継ぎ早に画面に出てくる説明を読むうちに、藤木の背筋に悪寒が走った。 ...
  • ふと達したその推測に、ロランはざわとした悪寒おかんが走るのを感じた。
  • しかし穴の底にぎっしり並んだナイフの刃さきを見て、全身に悪寒が走った。 ...
  • 不意にぞくりとした悪寒が走り、オブライエンは大尉の顔を正面に見つめた。 ...
  • 敗残兵の足どりで成田行きの飛行機に乗る自分を想像すると、悪寒おかんが走る。 ...
  • そういえばここまで一度もバックミラーなど見なかったなと、首の裏あたりに悪寒が走った。 ...
  • ちょうど彼の全身を悪寒おかんが走るかのようだった。 ...
  • 彼の不思議な言葉を聞いていると、オリヴィエの身体にふつふつと悪寒が走った。 ...
  • ベイは丸々とした体に恐ろしい不安の悪寒が走るのを感じた。 ...
  • 次へ