悪寒が全身

20 の例文 (0.00 秒)
  • 三千代みちよかたかれてゐるから、悪寒をかん全身ぜんしんはしるのをおぼえた。 ...
  • その途端純粋な恐怖に心臓を鷲掴みにされたような悪寒が全身を貫く。 ...
  • 強烈な悪寒が全身を走ったが、早百合はそれをがまんしてうなずいた。 ...
  • 縁起でもないこの見張り人を見て、不安と恐怖の悪寒が全身をかけめぐった。 ...
  • 蛇の数千倍の悪寒が全身を駆け巡った。 ...
  • ソシエの体重を受けたブリキの玩具に男の証明が圧迫され、下半身から発した悪寒が全身に広がってゆく。 ...
  • 再び悪寒が全身を駆け抜けていった。 ...
  • 悪寒が全身に広がった。 ...
  • 悪寒が全身を走った。 ...
  • 海水に身をひたした時、その騒騒ざわざわとした感触のモノが皮膚に触れる度、信じられぬ程の悪寒が全身を駆け抜けたものである。 ...
  • 悪寒が全身に広がり、胸に言葉が刻まれた。 ...
  • 悪寒が全身を走る。 ...
  • 壁ぎわに影みたいに突っ立っている久子のひざがガクガクふるえているのに気づくと、八千代も又、背筋からしきりと悪寒おかんが全身を走り出した。 ...
  • おわA つらぬ カイルロッドが首をひねっていると、ふいに悪寒が全身を貫いた。
  • 悪寒が全身をはいのぼった。 ...
  • 右腕が折れたようにしびれ、猛烈な悪寒が全身を襲う。 ...
  • 忽ち、彼の両眼に涙があふれ悪寒が全身を襲った。 ...
  • 次へ