悪寒

全て 名詞
1,583 の例文 (0.01 秒)
  • オカンにそういう楽しい時間を使ってくれた人々にとても感謝している。 ...
  • オカンはそういう風景を働きながらどんな気持ちで眺めていたのだろうか? ...
  • ボクはそれを着ている時のオカンのはにかんだ顔を見るのが好きだった。 ...
  • その指がハリーの手に触れたとき、悪寒が走るのをハリーは抑え込んだ。 ...
  • オカンは田舎にいるよりも東京の方が向いているのではないかとさえ思えた。 ...
  • あの時味わった圧倒的な恐怖と絶望が悪寒となり背中一面に広がった。 ...
  • そして私は寝床のなかで満潮のように悪寒が退いてゆくのを待っている。 ...
  • その上に記された文字を読んだ途端、アスナの背中を軽い悪寒が走った。 ...
  • かれの巨大な肩のはざまを、かすかな悪寒が駈けぬけていくのを感じた。 ...
  • 自分が今だれの手中にあるかと思うと、私は全身に悪寒おかんの走るのを覚えた。 ...
  • そしてオトンはそう見せているオカンしか見ていなかったのかもしれない。 ...
  • 実をいえば、辰宮は今日一日同じような悪寒を何度も感じていたのだ。 ...
  • さっきまでここにあったオカンの身体が、こんなに小さくなっている。 ...
  • 帰宅するとまもなく、彼女は激しい悪寒さむけに襲われ、ついで高い熱が出た。 ...
  • このバンドのメンバーのほとんどはオカンの御飯を食べたことがある。 ...
  • 十代の頃に、この結婚に関する経緯を初めて聞いたボクはオカンに言った。 ...
  • それだけで背筋に悪寒が走るほど、殺される一歩手前の恐怖は残っている。 ...
  • 次へ