悦に入る

61 の例文 (0.00 秒)
  • 口走った言葉でジョージ卿が変わったかと見れば、一人悦に入っている。 ...
  • 悦に入っているなどと思ってお書きにもなっていないでしょう。 ...
  • 少しうしろへ下がって、本のかわりに奥さんをながめて悦に入っています。 ...
  • それを祝うかのように、一人で悦に入りながら彼は次のように話しつづけた。 ...
  • 「糸を引くような打球とはこのことだな」 池田一人が悦に入っている。 ...
  • 我ながらうまい芝居だったと悦に入りながら、再度春美に電話をかける。
  • その声は、くちびるの間から、いかにも悦に入っているように流れてきた。
  • そして心のうちでは、自分の巧みな芝居にひとりで悦に入っていた。 ...
  • 真白に塗っていた壁を一夜にして真緑に塗り替えて一人で悦に入っていた。 ...
  • 自分にかまけることは、ひとり悦に入っているように彼らには見える。 ...
  • するとこちらは、自分だけに女が挨拶をしてくれたのだと思つて悦に入つたものである。 ...
  • 手の中の懐中かいちゅう時計をもてあそびながら少し先の未来を思いえつっていて。 ...
  • そして、部屋の奥から金貨の袋を出して来て、輝く金貨を眺め悦に入る。 ...
  • 「これだからシロウトは面白いよ、」と学海先生はおおいに悦に入っていた。 ...
  • 彼は自分のことをいわれたのだと考えて悦に入った。 ...
  • しかし、結構僕の足もしっかりしたもんだな、と良二は一人で悦に入っていた。 ...
  • これはキューピッドに恰好の小道具なりと考えて、少しだけ悦に入った。 ...
  • 女の下着をあつめて悦に入る男の気持が、はじめて理解できたような気がした。 ...
  • 有卦うけに入るというのはこんなことだろうと独りで悦に入っていたのだ。 ...
  • すべてを知った気になって一方的な世話を焼き、矮小わいしょうな白己満足を得てえつに入る。 ...
  • 頼み方はおだやかだが、自分の企画に悦に入っている執拗さがあった。
  • 僕は女を何度もいかせて悦に入るタイプではない。 ...
  • 「まず、メンバー集めから始めるの」ハーマイオニーは悦に入っていた。
  • 嫌がらせが好きな性分で、人の嫌がることをしては悦に入ったという。 ...
  • 次から次と女のに手を出して、その都度つどハムに戦果を報告しては悦に入っていた。 ...
  • それがうまく行けば、そいつがしめしめとえつに入ることば、わしにだって想像がつくさ。 ...
  • 画匠が大作を描き上げたときのようなえつに入って独り手を打った。 ...
  • 昔の人の気分になろうと思って、やたらに花を摺り着けて一人悦に入った訳です。 ...
  • 次のページ