怨霊鎮魂

7 の例文 (0.00 秒)
  • その上で、法隆寺の建造目的が聖徳太子の怨霊鎮魂のためであるとする可能性について論を展開していく。 ...
  • この時期は怨霊鎮魂のため、菅原道真の例に倣い崇徳を神として祀るべきとする意見が出されていたものの、実現には至っていなかった。 ...
  • 表題の「太平」は、平和を祈願する意味で付けられていると考えられており、怨霊鎮魂的な意義も指摘されている。 ...
  • その後、怨霊鎮魂のために朱雀天皇勅願により、934年この地に社殿を築くなどして道真公の霊を祀ったことが始まりとなる。
  • 南北朝期を通して、こうした怨霊鎮魂は仏教的要素が強くなるが、それでも近世期の山家清兵衛や佐倉宗吾などの祭神に見られるように、御霊信仰は衰退してはいなかった。 ...
  • 同年8月3日、怨霊鎮魂のため、崇徳上皇の当初の追号「讃岐院」を「崇徳院」に改め、頼長には正一位・太政大臣が追贈された。 ...