怨霊戦

5 の例文 (0.00 秒)
  • 射影機における写真レンズで、特に怨霊戦において様々な恩恵をもたらしてくれる。 ...
  • 怨霊戦では、特定の条件で「闇帰り」という復活現象が発生し、攻撃力が上昇したり、新たな行動パターンが追加されるようになった。 ...
  • 使用するには制限があり、怨霊戦で写真を撮ることでたまっていく最大4つから7つの「霊子」ゲージから、各レンズ毎に設定されている数を消費して発揮される。 ...
  • そんな射影機は唯一無二の物で上位機種が無い代わりに、強化レンズと装備機能に大別されるパーツアイテムを入手することで、怨霊戦でのダメージを数倍に高めたり、撮影の難しい浮遊霊でも出現位置に自動で振り向いてくれるといった様々な効果を得られるようになる。 ...
  • また、1作目当時からヘッドフォンなどの外部音波変換装置を介してのプレイが度々推薦されており、実際に体験するとフィラメントの発光が索敵手段の生命線となる怨霊戦などで物音による位置確認の手助けになったり、浮遊霊やデモ中のボソボソ声を聞き取り易くなるため、零シリーズ恒例の攻略法の一つにもなっている。 ...