怨霊平将門

5 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸の大怨霊平将門も、できればうらみを忘れて永久に冥府めいふまどろみたかった。 ...
  • 死に絶えた桜の並木を縫うようにして、怨霊おんりよう平将門の神女みこは舞いあるく。 ...
  • その前に、どうした巡りあわせでか、加藤が東京の破壊を仕掛けるごとに対決することになった東京の大怨霊だいおんりよう平将門に目にもの見せてやらねばならない。 ...
  • 奈落へ届き、そこに住まう怨霊おんりよう平将門へ、恵子の言葉を送り届けたのだろうか。 ...
  • さしもの怨霊おんりよう平将門も、女の体を棄てて退散した。 ...