怨霊師

78 の例文 (0.00 秒)
  • そうせねば怨霊は再び怨霊師の命を奪うことになるかもしれないからだ。 ...
  • 怨霊師が自らの命を絶つのは、怨霊に己の体を使わせないためである。 ...
  • 明治という時代設定の妙の他に怨霊師のアイデアには唸ってしまった。 ...
  • 一人は、舞という女で怨霊師、もう一人は北麿という男で陰陽師であった。 ...
  • これまでもそうだが、怨霊は必ず怨霊師と陰陽師の裏をかこうとしてくる。 ...
  • 怨霊との戦いの中で、これまでにも多くの怨霊師と陰陽師が命を失っていたからだ。 ...
  • 怨霊には微弱な気配があり、怨霊師にもそれが見極められるのである。 ...
  • 結界とは怨霊を封じ取るため怨霊師自らの念と陰の呪詛じゅそをもって張るもの。
  • その怨霊を打ち破るほどの力が無い怨霊師なら、奴も興味を示さなかっただろう。
  • 彼女たちは怨霊師に召された時からずっとそこで暮らしている。 ...
  • 天のことわりを味方につけずに戦うことは、怨霊師にとっては致命的なものになるかもしれないからだ。 ...
  • 間違いなく舞は普通の女ではなく怨霊師だったのだ。 ...
  • その術を自在に使いこなせてこそ、初めて一人前の怨霊師と陰陽師なのだ。 ...
  • 怨霊師と陰陽師が直接三人の歳三を監視するのだ。 ...
  • 怨霊に敗れそうになった怨霊師を、陰陽師が助けることが多いのだ。 ...
  • それが彼女の怨霊師としての正装であり、彼女の前の怨霊師も代々この色を継承し守ってきたのである。 ...
  • 隼斗は新たな怨霊師を得ても、その巫女と馴染めるかどうかの自信は全く無かった。 ...
  • 次へ