怨霊封じ

23 の例文 (0.00 秒)
  • だからこそ、涼と同じく怨霊封じの運命を受け入れているのではないか。 ...
  • 怨霊封じの役目は昔から、親の死に目より優先せねばならないのが掟だった。 ...
  • おまえは確かに今まで怨霊封じでしくじったことはない。
  • その裏忌部がどうして私たちの怨霊封じの邪魔をするの? ...
  • 姉に会った後、急いで戻れば怨霊封じには間に合うはずだった。 ...
  • 思えば、ここを涼とともに出てから、怨霊封じに明け暮れる日々を過ごしてきただけだった気がする。 ...
  • 涼によって既に極楽院一帯に結界けっかいが張られ、怨霊封おんりょうふうじが打たれてしまったからだ。 ...
  • 元々寺社に張られた境という結界は怨霊封じだけのためで、私たちの張る結界とは質が違う。
  • ただ、自分が怨霊封じに関わる一族に引き取られた孤児であることだけは、一族のおきてから口が裂けても言うことはなかった。 ...
  • 結界を張るまでの間、無闇な噂が村中に広がることも怨霊封じにとっては致命傷になるからだ。 ...
  • 禅吉は、できれば隼斗をいつまでも自分の屋敷に置いておきたい様子だったが、隼斗には怨霊封じとしての役目があった。 ...
  • 特に怨霊封じには時が定められており、それを逃せば怨霊を討つどころか、逆に討たれることにさえなりかねないのである。 ...
  • 怨霊封じにのぞまねばならなかったからだ。 ...
  • 境内に通じる石段の下に〝槃〟と青色で彫られた白石が置かれてある以上、もはや怨霊封じが始まっているのである。 ...
  • 花模様の下着もそうなら、きらびやかなハンドバッグもしかり、あの豪華な色どりはすべて女の怨霊おんりよう封じの如くに思えるのだ。 ...
  • 「徳」という字は殺害されたり辺地や流刑地で没したりした天皇に、怨霊封じのため贈られた美称であるといわれ、小説家の井沢元彦などが主張している。 ...
  • 彼女たちのような怨霊師は怨霊封じの巫女みこであり、神職の家系の中から選ばれ怨霊の血を神仏に捧げる女官なのである。 ...
  • 次へ