怨霊信仰

5 の例文 (0.00 秒)
  • 歴史学研究者の間では、一般的な怨霊信仰の成立が奈良時代末期であることなどを指摘し、概ね梅原説には批判的であった。 ...
  • 平安時代の怨霊信仰の、特に最大の存在が菅原道真の怨霊である。 ...
  • 御霊信仰は、政治的闘争において敗北して処刑された人の霊が、疫病などの祟りを行うと信じて、その霊を慰めようとする信仰であり、怨霊信仰の一種とされる。 ...
  • 日本については少し違う様相をみることが出来、恨みや不慮の死を遂げた者が死後祟るという怨霊信仰から、鎮めるために神として祀る形態が多い。 ...
  • 密教の興隆は王権の相対化をもたらし、藤原氏の勢力拡大に伴う旧来の名族の没落とも相まって、政争敗死者を担いで王権への不満や反撥を正当化する怨霊信仰が盛んとなった。 ...