怨霊使い

4 の例文 (0.00 秒)
  • 小次郎が連れてきた四人の怨霊使いたちが床に倒れ、その周囲を数人の黒装束の男たちが囲んでいたのだ。 ...
  • 「後は日の本が我らを認め、怨霊使いとして軍に組み込めばいいだけだ」 別の男が言った、この男も大柄でおよそ七尺はあった。 ...
  • 「傀儡を率いていた小次郎と対峙し、自分を犠牲にして二人の怨霊使いを討ち滅ぼされたのです」 隼斗が言った。 ...
  • 「小次郎、貴様が怨霊使いでなければ、この場で射殺しているところだ」 「そうかい」 小次郎の目はまだ笑っていた。 ...