怨霊伝説

9 の例文 (0.00 秒)
  • この神事は海からの神迎えの儀式であると考えられ、古くは似た行事が伊豆諸島の他島でも行われたというが現在は物忌を徹底させるための怨霊伝説が独り歩きしているようである。 ...
  • こうして大名としての城井氏は終焉したが、城井鎮房と鶴姫には怨霊伝説が残されることになる。 ...
  • 学生生活最後の休日を満喫する6人だったが、ふとしたことでこの島に残る怨霊伝説を知ることに。 ...
  • またこの地では合戦の死者の怨霊伝説が広く語り継がれ、近隣で三増峠の戦いに付随した戦いがあったといわれているヤビツ峠では餓鬼憑きの伝説が残っている。 ...
  • 保元の乱で敗れた崇徳天皇・藤原頼長の怨霊伝説、新田義貞の祟りなども有名である。 ...
  • 立見峠はおとんじょろう伝説の他に怨霊伝説も秘める。 ...
  • 村人に裏切られ、この世に恨みを残して死んだ怨霊が島々を巡るという怨霊伝説になっているが神津島に限っては「二十五日様神事」として闇夜に神職が海からの来訪神を迎え、集落内・辻々の猿田彦神を巡拝する厳格な神事となっている。 ...
  • 月刊「ムー」2001年7月収録の記事「【怪奇探偵・小池壮彦の恐怖の現場/第7回】照姫怨霊伝説がいまに生きる石神井川界隈」でも照姫伝説が紹介され、伝説は明治の小説がもとになったと述べている。 ...