怨霊ども

11 の例文 (0.00 秒)
  • 東京を破滅させるべく、すべての怨霊おんりようどもから遣わされた復讐鬼ふくしゆうきだからだ。 ...
  • そして東京の地下に眠っていた怨霊おんりようどもも目をさました。 ...
  • いくら血をながしたってね、ほんとうに喜んでるのは地下の怨霊おんりようどもだけなんだ。 ...
  • しかし東京のたたり神はたしかに目覚め、多くの怨霊どもを配下に集めていた。 ...
  • 東京の地下では、呪縛じゆばくに封じられて無の眠りをむさぼっていた怨霊おんりようどもが次々に目覚めていた。 ...
  • 怨霊どものほおに、血の色の涙がえる。
  • 緋奈子が、の力で怨霊どもをさいなめば、その苦痛は、そのまま智のなかに流れこむ。 ...
  • 亀裂のなかから、怨霊どもが、うじのようにい出てきた。 ...
  • 怨霊どもは、われがちに逃げまどう僧侶そうりょたちに襲いかかり、無惨むざんに引きく。 ...
  • 怨霊おんりようども。 ...