性発作

28 の例文 (0.00 秒)
  • 急性期に発作がなかったとしても遅発性発作が起こる場合もある。 ...
  • 他の痙攣性発作について承認されている国もある。 ...
  • AIDSを患っていたが状態は長年安定しており、死因はてんかん性発作によるものであったと言われている。
  • ドラベ症候群と診断されたは、難治性発作を持つ人にカンナビジオールを使用するための手段を提供するための運動で有名になった。 ...
  • 発作の直後に緊張性発作を起こすことも珍しくないが視床下部過誤腫に関連するものは1時間に数回発生することがあり、通常は幼児期に始まる。 ...
  • Jasperによる1954年の検討では単純部分発作の焦点性発作性脳波異常は3つに分類することができる。 ...
  • 鈎回発作は非けいれん性発作で、けいれんは起こさないが意識障害が起こる。 ...
  • これらの痙攣に関しては急性症候性発作で述べる。 ...
  • 急性症候性発作は、てんかん発作ではあるが慢性疾患のてんかんとは異なる。 ...
  • ストレス誘発性発作を引き起こす未公開の神経障害があり、これがYouTubeでの活動を辞めた理由の1つである。 ...
  • また過呼吸や動作時などに急に構音障害や失調症、手足のしびれや痒みなど突発性発作が現れることがある。 ...
  • 脳炎、脳外傷、脳出血のような急性症候性発作および後遺症としてのてんかんを引き起こす可能性がある疾患では、いつまで治療するべきがの判断は難しい。 ...
  • てんかん性発作には抗てんかん薬を用いる。 ...
  • 部分発作、持続性発作、遅発性発作などの投薬によるコントロールの難しい発作があると長期転帰が不良になりやすい。 ...
  • 現在、外科手術は、脱力発作や全般性発作およびレノックス・ガストー症候群を含むさまざまなてんかんに対する緩和療法として定着している。 ...
  • 赤血球合成が光感受性の水泡性発疹や増毛などの皮膚の問題を起こそうが、肝性ポルフィリン症は、急性神経性発作に特徴付けられる。 ...
  • ペンフィールドはてんかん発作分類を焦点性大脳発作、中心脳発作、大脳性発作に分類し、これらの発作が症状としておこる疾患をてんかんと定義した。 ...
  • 次へ