急に悪寒

10 の例文 (0.00 秒)
  • そこまで考えて、急に悪寒に襲われた。 ...
  • その段になって、急に悪寒が体を通り抜けた。 ...
  • そして立上って、何だか急に悪寒を覚えながら、まだ電車もない遠い道を、下宿の方へ帰っていった。 ...
  • そして何度も足を休めては、ずんずん冷え込んで来る夕方の空気の中で、彼は自分の全身が急に悪寒がして来たり、すぐそのあとで又急に火のように熱くなって来たりするのを、ただもううつろな気持ちで感じていた。 ...
  • 以前、仕事中に急に悪寒おかんがした時に、寛子は親切にも自分のロッカーからカーディガンを持ってきて翠の肩にかけてくれたことがある。 ...
  • 急に悪寒おかんが紀子の全身をつらぬいて走った。 ...
  • 急に悪寒がした。 ...
  • 鳴滝は急に悪寒を覚えた。 ...
  • それなのに、急に悪寒に襲われた。 ...