思わず息を飲む

18 の例文 (0.00 秒)
  • その著者「高岡新一郎」という名前を眼にした彼は、思わず息を飲んだ。 ...
  • 彼らが思わず息を飲むほどの美少女が、薄暗い裏道を背に立っていた。 ...
  • 中のひとつを手に取り、内容に目をやったところで、美音子は思わず息を飲んだ。 ...
  • 何気なくショウケースに目をやって、啓介は思わず息を飲んでいた。 ...
  • そのことに思い至って、僕は思わず息を飲んだ。 ...
  • 思わず息を飲んだ。
  • そのり紙を見て、私は思わず息を飲んだ。 ...
  • 暴徒たちは思わず息を飲み、髪が逆立つ恐怖を覚えた。 ...
  • ところで出来上がった白木の箱を彼らが誇らしげにかつぎこんだのを見た私は、思わず息を飲んだのだ。 ...
  • それを見て、思わず息を飲む。 ...
  • 清美は思わず息を飲み少佐の顔を見つめた。 ...
  • 芋虫のように身をもがき、周囲を見回して思わず息を飲む。 ...
  • 頭を上げた瞬間、目に飛び込んできた風景に、ヴァンは思わず息を飲んで、立ち尽くしてしまった。 ...
  • 思わず息を飲む。 ...
  • 窓をのぞいたデニスは思わず息を飲んだ。 ...
  • 紫苑と友美は訳が解らないまでも、思わず息を飲んだ。
  • その第一声を聞いて、優子は思わず息を飲んだ。 ...