忖度すること

16 の例文 (0.00 秒)
  • これは、ある人間の意思を正確に忖度することは神にしかできないという考えによる。 ...
  • 思慮深いうえに、まめな性格で、何よりも他人の心を忖度そんたくすることができた。 ...
  • また場の空気を忖度することで構成員の誰もが要求していないことや、誰もが不可能だと考えていることを合意することがある。 ...
  • 平気で自分の言いたいことを言い、相手の気持ちなど忖度そんたくすることなく否定したければ否定する。 ...
  • 死床の鴎外の心事を忖度そんたくすることはわたしにはできない。 ...
  • いかなる人間も、人間に近い存在でも、アバイアやエレボスなどの心を忖度することはできない。 ...
  • この報道から、日米交渉の発端においてウォルシュとその背景が何を画策していたかを、忖度そんたくすることも可能であると思われる。 ...
  • だから此処でも彼の領土慾と性慾とが都合よく一致した訳であって、英雄の心事をみだりに忖度そんたくすることは出来ないにしても、此の場合は事に依ると、後者の方が一と際強く彼の行動を促進したのであるかも知れない。 ...
  • 優馬を理解することができなかった自分には、水原の考えを忖度そんたくすることもできないのだと、半ばあきらめも交えて青木は考えた。 ...
  • 私も、この棲み辛い世の中を楽しく自由に生きるためには、三度の食事を他人に忖度そんたくすることなく喰うことこそがこの世の快哉であり口悦だと信じて、暇があると包丁を研ぎ、料理を作っている。 ...
  • いつか支那人の前で、ためらうことなく、相手の気嫌を忖度することなく、はっきり支那と云いきれる自信を養いたい。 ...
  • 佐々木が北野の人事に直接口出しすることはあり得ないが、人事部が佐々木の意向を忖度そんたくすることは十分あり得る。 ...
  • 田中の涙が、周囲の“東大出”に対するくやし涙か、池田の知遇をえて史上最年少で蔵相の椅子を占めた男の緊張感からか、忖度そんたくすることはむずかしい。 ...
  • 姿勢の認知実験初期、被験者は<悩み>に対し「肘をついてる」「頭を押してる」、<自信>の姿勢に「手を組んでいる」、<拒否a>に「横を向いた」など姿勢の変化や形態の視認には進展をみせていたが、その姿勢から気分・情緒を忖度することはなかった。 ...
  • ミッドウェーの敗戦以来、木戸は「陛下の御心の中を忖度そんたくすることが出来ず、落付かぬ気持で過して居た」というが、「総ての戦況を御承知」の天皇がなにもいわないのに、自分の方から「悲観的の見透を申し上げることは何となくはばかられ」、口をつぐんでいた。 ...