忖度

全て 名詞
310 の例文 (0.00 秒)
  • 其苦笑にはどういふ意味があつたか此を忖度して明言する事は出來ない。 ...
  • が、その自分の感情を他人に忖度そんたくなどされたくなかったのである。 ...
  • 猿蔵は猿蔵なりに、佐兵衛翁の気持ちを忖度そんたくしていたのではあるまいか。 ...
  • 世の中で今、流行している様々なことを忖度なしの本音で検証・調査する。
  • この上君の内部生活を忖度そんたくしたり揣摩しましたりするのは僕のなしうるところではない。 ...
  • 海面下にある相手の感情や自分の感情を、あまり忖度しあわないこと。 ...
  • その人にとって重荷であったかなかったかは、娘の忖度そんたくし得る限りではあるまい。 ...
  • 思えば小説とは人の心を忖度そんたくするものだから、波動を送り続けているようなものだ。 ...
  • ほんたうに平氣で言つてゐるのかしら、と葉藏のこころを忖度してゐた。 ...
  • およそ相手の気持ちなど忖度そんたくするほうではない男なのに。
  • 近代の論理で昔の人の気持を忖度してゐる、といつた誤解はかなり多くして居ると思ふ。 ...
  • しかし、語らなくても、玉井中佐が忖度そんたくしていたであろうと思いたい。 ...
  • しかし、そういう政略的な意味だけで鉄馬の決断を忖度そんたくするのは酷だろう。 ...
  • 御息所を対象にしていたろうとはあまりにも不似合いな忖度そんたくであると思ったのである。 ...
  • どうやら心境に変化が生じたようだ、と松島は、柿崎の胸中を忖度そんたくした。
  • 思慮深いうえに、まめな性格で、何よりも他人の心を忖度そんたくすることができた。 ...
  • もっとも今の段階でそこまで忖度そんたくするのは行き過ぎであろう。 ...
  • 次へ