忌憚

全て 名詞
270 の例文 (0.01 秒)
  • きみは、そこに出席して、忌憚きたんのない意見を述べるのだ。
  • その中で彼は上記のような土地問題を、さらにはそれらが地方政治を乱していると忌憚なく指摘している。 ...
  • むしろそれを忌憚なく口にできるのは、うしろめたいところは何もないということの証ではないか。 ...
  • いや、もっと忌憚きたんなく言うならば、こんな男の半径一メートル以内にはよりたくなかった。 ...
  • 大胆に忌憚きたんなく筆を着けなくっては、真に対して面目のない事になります。 ...
  • そこでぼくは、その気持ちはわからないでもないが、いまからじゃムリなような気がすると忌憚のない意見をいった。 ...
  • 男子社会の不品行にして忌憚きたんするなきその有様は、火のまさに燃ゆるが如し。 ...
  • でも、ふたごは昔から日本では忌憚きたんされてきました。 ...
  • 思いつく限りの策を遠慮忌憚きたんなくろうしてくる、あの戦いかたが苦手だったんだ。
  • そして女なんかに縁のなささうな、忌憚なく云へば、戀の出來るやうな型の男ではなかつたのです。 ...
  • 彼はだれでも耳を傾ける人には、フランスの芸術家らに関する忌憚きたんなき批評を元気に言ってきかした。 ...
  • 忌憚にふれるものを強いてかこうともしているわけでなし、私がものを書いてゆくことは原則としていけないというわけではないのです。 ...
  • 忌憚きたんないところを言わせてもらえば、このくさびの先頭に立つのなら、そのような槍は必要ない。 ...
  • さあ諸君らの忌憚のない意見を聞かせてくれ。 ...
  • いずれしかるべき機会を設けて、Pさんも交えて忌憚きたんのない意見を交換しなければいけない。
  • そうすれば忌憚なく話すことができる。 ...
  • 今後の作戦をいかにすべきかについて、小松原をかこんで三人の参謀が忌憚のない意見を交換するためである。 ...
  • 次へ