忌憚なく言

5 の例文 (0.00 秒)
  • 忌憚なく言へば、私は寧ろ漁火説が或は眞相を穿つたものかも知れないと考へてゐる。 ...
  • 忌憚なく言へば、彼こそ憎むべき蛸である、人間の仮面を被り、内にあらゆる悪計をカクすところの蛸は即ち彼に外ならぬのである。 ...
  • 僅に数行を隔てて同じ事を反復してゐるのは、忌憚なく言へば、老茶山の健忘のためかと推せられる。 ...
  • 併し乍ら、印度及び支那に於ける此等の大乗仏教は忌憚なく言へば、単に宗教学的な秀抜な天分を有つた学者等の経、論、釈等として単なる理論学説として、謂はゞ単なる哲学としてのみ存在してゐたに過ぎない観がある。 ...
  • まことに高尚深遠なるらしき幾多の文字は、是の種の快樂の讃美に使用せらると雖も、吾人をして忌憚なく言はしむれば、是れ一種の僞善に過ぎざるのみ。 ...