忌憚なき意見

11 の例文 (0.00 秒)
  • 光太夫たちは町へ出た時など、宿舎で臥している庄蔵について忌憚きたんなく意見を述べることがあった。 ...
  • 女性の忌憚きたんなき意見は歓迎すべきなので、反論しないが。
  • それは祐亨の実感してきたところでもあったから、ふたりは会って酒盃しゆはいを重ねながら忌憚きたんなく意見を交換するうちに、敵愾てきがい心よりもむしろおなじ東洋の海軍軍人同士として理解を深めあったのである。 ...
  • マリア・アンナは修道院の運営についてガッサーと忌憚なく意見を交換し、財政難で苦しんでいる修道院を経済的に支援した。 ...
  • そしてクリストフの露骨な忌憚きたんなき意見を面白がった。 ...
  • アメリカが早く帰つてよかつたね また来るまではすこしおあひだ その〈すこしおあひだ〉のあいだに、幕府はアメリカの国書を翻訳して、広く全国の大名にわかち、幕府の役人、諸藩士ないし一般庶民でもよろしいから、何かよい考えがあったら忌憚きたんなく意見を建言せよ、と布告した。 ...
  • ただ小生はコンドル、即ちウルスター・ゴンクールが、ウオル街の資本家代表グランド・シュワルト氏より巨額の資金を受取りまして、この手段の実行方法に就き小生の忌憚きたんなき意見を求めて来た事実を知っているのみであります。 ...
  • 玄徳は、孔明以下腹心の諸将をあつめて、呉妹をめとることの可否、また呉へ行くことの善悪などについて忌憚きたんなき意見を求めた。
  • 忌憚きたんなき意見を申せ。
  • その日の評議にのぞんで、曹操は満堂の諸将にむかい、 「和睦か、た、決戦か」 の忌憚きたんなき意見をもとめた。 ...