忌憚

全て 名詞
270 の例文 (0.01 秒)
  • もしその上で批判すべき点があれば、忌憚きたんのないところを述べればいい。
  • 防戦上の誤算というよりは、人間としての未熟さを忌憚きたんなく出している。 ...
  • 親しい友人から受けた忌憚なき非難は、かえって私の心を落ちつかせた。 ...
  • ついてはお館の忌憚のないお考えを聞かせていただきたいということであった。 ...
  • こういう時は女性じんのみのほうが、円滑えんかつ忌憚きたんのない活動が進むでしょう。
  • 知識のある人間からの忌憚きたんない意見を聞きたかったのだ。 ...
  • 忌憚きたんのない意見を述べて頂いた上で、三洋銀行の統一見解を決めておきたい。 ...
  • 四、先にも言ったように、私は社員諸君から忌憚きたんのない意見を聞きたいと思う。 ...
  • そして、あれこれ、お心にそわぬ点は、忌憚きたんなく指摘していただきたい。
  • 忌憚なく云ふと、私は現在の芥川龍之介氏の芸術に対して何にも云ひたくはないのである。 ...
  • そこでは、暴力革命が不可避であることが堂々と忌憚なく述べられている。 ...
  • 忌憚無く言ってしまうと、全く教育を受けていない状態では、人の姿をした動物であるとも考えられる。 ...
  • 一視同仁の態度で、忌憚きたんなく容赦なく押して行くべきはずのものであります。 ...
  • ただ、忌憚なく言わせていただくと、ちょっと完全すぎるんじゃないかしら。 ...
  • 谷川に会った盛田は、忌憚のない意見を聞いてみようと思った。 ...
  • そこで僕が予備校の教師にされて忌憚のない感想を述べた。 ...
  • ふたりが忌憚なく語り合えたのはこれが最初であった。 ...
  • 次へ