忌中札

4 の例文 (0.00 秒)
  • おしのは忌中札を掲げないまま、雨戸を閉じていた。 ...
  • あるじ頼母の発見した忌中札、その字がまだ濡れているというので、一同が頼母を取り囲んでわいわい言っている時、誰ともなく、つと末席に眼が行って、それで気が付いたのである。 ...
  • 「悟郎、大野先生から受け取った忌中札はどうしたよ」 はっとして、悟郎が腰を浮かせた。 ...
  • いま、この忌中札を凝視みつめて放心ぼんやり立っている頼母の網膜もうまくに、あの、元旦の殿中の騒ぎが浮び上って来た。 ...