忌中の札

23 の例文 (0.00 秒)
  • 表には忌中の札が出ているが、長助が戸口へ顔を出すと若い手代がとんで来た。 ...
  • 表からみると大戸が下りて忌中の札がとりあえずという感じで張り出されていた。 ...
  • 小料理屋の店はもちろんしまって、忌中きちゆうの札がかかっていた。 ...
  • しかし、あのマンションに行ったら、ドアに、忌中の札が貼ってあったんです。 ...
  • ただ、今はガラス戸にカーテンがおり、忌中の札が、かかっている。 ...
  • が、今日は入口に忌中の札が出て、くやみの人もひっそりと裏口から出入りをしている。 ...
  • 橋場のはずれだが大川に面して黒板塀のある、なかなかの家で、入口には忌中の札が下っていた。 ...
  • お座敷帰りとも見える姿で、ちょうど忌中きちゅうの札をかけて大混雑中の棟梁方の格子戸をくぐろうとした時だ。 ...
  • 閉ったままの大戸には忌中の札が下っている。 ...
  • が、翌朝、弟が敵の家の様子を探るため、その家の前を通ったとき、意外にも、忌中の札が半ば閉ざされた門の扉に、貼られてあるのを見た。 ...
  • 二十年まえに離別りべつした人でこの家の人ではないけれど、現在げんざいお政の母である以上は、まつりは遠慮えんりょしたほうがよかろうと老人ろうじんのさしずで、忌中きちゅうふだを門にはった。 ...
  • 黒服の男たちが外回りに縦縞の鯨幕くじらまくを張り、忌中の札をさげているところだった。 ...
  • 信濃屋は大戸にすだれを下し、忌中の札が出ていたが、家の中はごった返して通夜の仕度も出来ていない。 ...
  • 露月町の白菊蕎麦は店を閉めて忌中の札が貼ってあったが、吉十郎がくぐり戸をあけさせて、家へ入った。 ...
  • 店は大戸が下り、忌中の札が出ている。 ...
  • それから、のれんを裏がえしにして、忌中きちゆうの札をだしなさい。 ...
  • 主人の野辺送りがすんだばかりの店は、一応、忌中の札をはずしているものの、閑散として、どこか陰気でもあった。 ...
  • 次へ