必定なり

17 の例文 (0.00 秒)
  • 涙は神の御照覧あって、縁組などより家来の福祉となること必定なり。 ...
  • 黄金三万両と申せば、何人も必ず慾に駆られ彼屏風を探求め候事必定ひつじようなり。 ...
  • 然らずんば、人間の腹より出でたる犬豕けんしを生ずること必定ひつじょうなり。 ...
  • もしこれを模倣もほうする者あらば直ちに邪路におちいること必定ひつじょうなり。 ...
  • 毎晩このありさまなれば、神経戦ならずとも生理的に敵の思うツボにはまること必定なり。 ...
  • 遅刻すること必定なれば、いったん諦めて帰りかけたるも、いったん頼まれし上はともかく果さんと思い、かつまた日曜はこの銀行も休日なれば、いずれにせよこれを売却せんがためには遅刻せざるべからずとも考え、ふたたび立ち戻る。 ...
  • さて死骸を疫病車にひきわたせば、ご邸内に疫病患者ありしこと分明ぶんみょうし、監視の役人ご門前に立つこと必定ひつじょうなり。 ...
  • 幸いにしてその時、徳川の政府にてこの乱暴人を刑に処したればこそ無事に治まりたれども、もしもこれをゆるすことあらば、吉良家の一族また敵討ちとて赤穂の家来を殺すことは必定ひつじょうなり。 ...
  • さあれわれは、とまれ、かくまれ、何ごとのありとても、 もしわが目的を達せば、身の苦しみをも、疲れをも、忘れ去るは必定なり。 ...
  • そは余の儀にあらず、師家より伝書を贈りきたるはずなるが、拙者かくなり果てし上は、つまらぬ者の手に渡るは必定ひつじょうなり。
  • これを見て直寄は家臣に「敵が深田を前にして、高きところに備えたれば、我れよりかかって勝負をいたせば敗北は必定なり、密かに脇道より敵の横合いに出でて仕掛けて切り崩さば、勝利は我にあらん」として、身近な兵10人ほどで崖陰に廻り敵の右の傍より迫り、鉄砲を撃ちかけ敵を切り崩し、これを平定した。 ...
  • 勝利は必定ひつじようなり。
  • わたくしは、駿河大納言様は将軍家のおん弟君でおわしますれば、何か天下にことがあります節は、将軍家のご名代みようだいとして行き向かわれること必定なれば、その節は黒田家代々の先例によって、ご先陣をつとめんものと、常にかたく思いつめていました。 ...
  • もし西方のあるキリスト教僧侶に、この女東方に姿を見せんには、僧は西方を見棄てて、眼差を東方に転ずるは必定なり。 ...
  • 卑怯極まる二刀流きのこを相手にしては、さしもの少女剣士アリスといえども、一かじりごとに自分のあごと足とをガツンガツンとぶつけ合いつつ、永遠に二刀流きのこに辿りつけぬは必定なり。 ...
  • 相対して戦わば利無きこと必定なり。 ...