心血を注ぐ

31 の例文 (0.00 秒)
  • まるであなたを待つことに心血を注いでいるような気迫きはくを感じますよ。
  • が、どんな機体にも、その開発と運用に心血を注いできた人間は存在する。 ...
  • 彼女は家庭を投げ売って〝システム〟の教育に心血を注いできたのだ。 ...
  • そこでシーン神父はテレビに積極的に出演し、伝道活動に心血を注いだ。 ...
  • あたしや西荻が心血を注いで、お前たちの稽古に付き合った結果なんだ。 ...
  • 自分たちが何年も心血を注いできたプロジェクトの成果を。 ...
  • 以後、学校法人鎌形学園は高等学校教育の充実に心血を注ぐことになる。 ...
  • これ以降、彼はこの雑誌に心血を注ぎ、1912年以降は編集にも加わった。 ...
  • 十四年にわたって、心血を注いで育ててきた世光教会の信徒たちと別れて来たのだ。 ...
  • シャのシィのグンが心血を注いだ堤防はほとんど跡形あとかたもなくなっていた。 ...
  • 特に木曽川の下流三川分流計画には10年にわたり心血を注ぎ成功させた。 ...
  • 小村はウィッテが心血を注いだシベリア鉄道を用いて日本に帰国した。 ...
  • 僕はね、相手を苦しめずに 殺すことに心血を注いでいるんですよ。 ...
  • 日本が、明治十年代後半になってから海軍拡張に心血を注ぎはじめた原因はふたつある。 ...
  • 帰郷後は、故郷の素材による陶芸の道を歩み、土探しに心血を注いだ。 ...
  • 心血を注いだ作品だったが、シンガポールの狭い出版界では発表の場を見つけられなかった。 ...
  • 何だってやれば人並み以上にできる癖に、何の役にも立たぬことに心血を注いでいる。 ...
  • 次へ