御霊降り

11 の例文 (0.00 秒)
  • その故事が、大神祭の『御霊降みたまふりの神事』の原型になっていることを。 ...
  • この季節の太陽神は力が弱まっているので、好物の鶏の血を与え、「御霊降り」をすることで、夏の頃のような強さを取り戻そうとしているのだという。 ...
  • 大日女の祝詞がようやく終わり、どうやら、これで「御霊降り神事」は無事終了したようだった。 ...
  • 「御霊降り神事」だの「神迎え神事」だのはどうでもよかった。 ...
  • この一連の神事が、「御霊降みたまふり神事」といって、山から社の柱に降ろした大神の御霊に、活力を与える儀式のようだった。 ...
  • 住職の話では、「御霊降り神事」が終わって、山からおりてきた大神の御霊が「三人衆」の身体に寄り憑いてこの村に留まっている間は、蛇神である大神をもてなす意味で、各家庭の食卓にも、酒、卵、鳥獣肉と、蛇神の好物を使った料理がこれでもかというように並ぶのだという。 ...
  • 今朝の「御霊降みたまふり神事」にしても、直前までやる気のなさそうな顔をしていたから、作法どおりにできるのかと内心はらはらしていたのだが、いざ神事がはじまると、その顔付きはがらりと変わって引き締まり、予想していたよりもはるかに立派にやってのけたではないか。 ...
  • 「御霊降り神事」が終われば、あの「三人衆」役の少年は、神妻役の日女の手から、「神」の印である、一つ目の蛇面と蓑笠みのがさを渡され、それを身に着けて、「現人神あらひとがみ」となって、村の家々を回ることになっているようだ。 ...
  • これを『御霊降みたまふりの神事』という。 ...
  • しかし、七年に一度の『大祭』では、『御霊降りの神事』と『神迎えの神事』に加えて、『一夜日女の神事』という神事が行われる。 ...