御霊祭

12 の例文 (0.00 秒)
  • これによって葬儀に関する儀式はすべて終え、これより後は、御霊祭として行なっていく。 ...
  • 御霊祭は京都で最も古い祭りと言われる。 ...
  • 年祭と正辰祭を総称して「御霊祭」というが、正確には年祭も広義の正辰祭の一種である。 ...
  • 毎年5月18日の御霊祭では、アーケード内を3基の神輿が通り抜ける。
  • なお、一年祭以降は、三年祭、五年祭、十年祭と続き、以降5年毎に御霊祭を行う。 ...
  • 南北朝時代から室町時代には都市の民衆が主体となった都市祭礼に変化していき、郊外の本社から町中の御旅所に神輿を迎えると言う形態が成立したとされるが、祇園祭、稲荷祭、松尾祭、御霊祭に比べるとやや遅い成立といえる。 ...
  • 祖霊舎 歴代神職、氏子、崇敬者の御先祖の御霊祭を行う。 ...
  • 明治までは神輿迎が7月18日に御霊祭は8月18日に行われていたが、明治以降は5月1日が神幸祭、18日が還幸祭と改められ、8月18日は例祭日と定められて東遊が奉奏される。 ...
  • 上賀茂橋から葵橋までの鴨川右岸は、京都市の広域避難場所に指定されているほか、上御霊神社で5月18日に行われる御霊祭では、橋西詰まで神輿が巡行する。 ...
  • 代替文=鳥居と楼門|サムネイル|鳥居と楼門代替文=御車社|サムネイル|御車社 代替文=楼門|サムネイル|楼門例祭の御霊祭は明治までは8月18日に行われていたが、現在では5月18日に行われている。 ...
  • 以後は元興寺の鎮守社としての役割も強くなり、『大乗院寺社雑事記』では元興寺御霊社と記され、文明15年9月13日の条には、『今日元興寺御霊祭也、頭人高畠郷ニ在之云々、此社ハ御霊八所之内、藤原之左上臣時平公云々』とみえる。 ...