御霊神社

全て 名詞
103 の例文 (0.00 秒)
  • かつては御霊神社の東隣にあったが、深沢中学校の建設により移転した。 ...
  • 周辺には御霊神社という名の神社が三社あり、主祭神は大友皇子である。 ...
  • なお、当社は御霊神社という名称ではあるが、御霊信仰とは関係がない。 ...
  • 近隣の御霊神社にまで洞窟が伸びていたともいわれる。 ...
  • その為に現在、御霊神社の南側にある会社のビルの前に鳥居だけが残ることとなった。 ...
  • 御霊神社御霊神社という名前の神社は、日本各地に存在する。 ...
  • 宮前のものと区別するために「川名御霊神社」と呼ぶ場合もある。 ...
  • お前が大阪から姿を消してしまってから二年ばかり経ったある日、御霊みたま神社の前を歩いていると、薄汚い男がチラシをくれようとした。 ...
  • 城内には、かつて御霊神社と呼ばれた生実神社があり、その西側に空堀が残っている。 ...
  • さらに高く昇り、風に乗って御霊ごりょう神社のあたりまで船を流した。 ...
  • 御霊神社には花火筒や煙火が奉納され、花火師の信仰を得ていた。 ...
  • 船場が市街化されたのちも、1872年まで当院北に位置する御霊神社にかけての町名となった。 ...
  • 境内別宮の大御霊神社・宗形神社とともに国府宮三社と称する。 ...
  • だが、かれは終生、あの夜、鎌倉の御霊神社で体験したことを告げることはなかった。 ...
  • 南門の外にはかつての鎮守社・八所御霊神社があり、早良親王など八柱を祀る。 ...
  • 祭りは午前中に御霊神社の神事から始まり、その後神輿が町中を練り歩く。 ...
  • 高皇産霊神が天目一箇神を作金者に定めてから、御霊神社の祭神、御手洗の池の魚、池の主は片眼で、池の主は人との交渉が多かった大蛇であった。 ...
  • 次へ