御霊社

24 の例文 (0.00 秒)
  • 御霊社は竹林に囲まれ、西には細川が流れ、南には相国寺の堀が位置した。 ...
  • 本丸御殿の東は御霊社が祀られていたほか、弾薬庫や役所があった。 ...
  • 政長が邸に火をかけ、御霊社の森に陣をとった。 ...
  • 太政官を退出した横井平四郎の駕籠が、寺町を御霊社ごりやうしやの南まで来掛かつた。 ...
  • 昭和35年11月、毛利家の寄付を受けて旧毛利邸内御霊社に再建された。 ...
  • のち天文7年、家臣であった小倉氏が臼杵市戸室に御霊社を建立し、政親の霊を祀っている。 ...
  • 西紀寺町の崇道天皇社とともに南都二大御霊社とされる。 ...
  • 四郎左衛門等の横井を刺した地は丸太町と寺町との交叉点を南に下り、既に御霊社の前を過ぎて、未だ光堂くわうだうの前に至らざる間であつたと云ふ。 ...
  • 薬師堂町の御霊神社とともに南都二大御霊社とされる。 ...
  • 石川康長の代に菩提寺として石川数正の御霊社を祀っていたが、江戸時代の伊勢町の火事により焼失。 ...
  • なお、城跡の北東山麓にある御霊社は、1093年に長尾氏の祖・長尾景村が建立したと伝わる。 ...
  • 藤原種継暗殺連座の疑いを受け、淡路国配流の途上薨去され、その後祟りをなしたとされる早良親王を祀る神社であり、御霊社としての性格を強く持つ。 ...
  • 平安時代半ばの人物で鎌倉党の祖鎌倉景正を祀る「御霊社」「五霊社」が区内に存在する。 ...
  • 幕府はこれら数々の怪異は「後鳥羽上皇の怨霊が引き起こしたもの」として、鶴岡八幡宮の山嶺に怨霊を鎮める御霊社を建立する事で事態の収拾を図った。
  • 一方、享保17年に没した霊元法皇は兼香にとっては忠節・追慕の対象であり、崩御後に下御霊社が霊元法皇に「天中柱皇神」の神号を授けられて合祀されると、兼香は度々同社で開かれる「天中柱皇神」の祭祀に自らも参加するようになる。 ...
  • 神奈川県神社庁によると元亀2年、当時の汲沢村が村岡郷に属していたことから、同郷の総鎮守であった宮前村の御霊社を勧請して創建。 ...
  • 園人は百姓の立場から仁政をしく良吏であったらしく、国守として赴任した豊後国では、園人の善政と遺徳を頌える祠が建てられ、大分県日出町大神の御霊社に現存している。 ...
  • 次へ