御霊文楽座

12 の例文 (0.00 秒)
  • この収容数は御霊文楽座の全盛期を想定したものだった。 ...
  • 文楽人形の首を大事に保管していたことでも知られ1945年に戦災で焼失した御霊文楽座の首も辰五郎が保管していた首を使って何とか興行を凌いだ。 ...
  • 「御霊文楽座」として、近世文楽における黄金期のにぎわいを見せる。 ...
  • しかし、1926年11月に御霊文楽座から出火、本殿とともに焼失した。 ...
  • だが彦六座など対抗する劇場ができたため、明治17年、文楽座は御霊神社の境内に移り、「御霊文楽座」として全盛を誇り、他の人形浄瑠璃の劇場は次々と潰れていき、唯一の人形浄瑠璃の劇場となる。 ...
  • 明治33年3月御霊文楽座で八代目鶴澤三二を襲名。 ...
  • 翌年御霊文楽座で初舞台を踏む。 ...
  • 松竹白井松次郎社長の調停で友松入座問題は解決し、翌月10月24日初日の御霊文楽座にて、「竹本津太夫出勤の上その合三味線として鶴澤友松事鶴澤道八儀當座へ初お目見得致すことと相成候」と松竹が番付に口上を書き、『源平布引瀧』「鳥羽離宮の段」で津太夫を弾き、友松改め初代鶴澤道八として文楽座の床へ上った。 ...
  • 更に明治36年9月御霊文楽座にて三代目竹本大隅太夫の帯屋を弾き、三代目鶴澤清六を襲名。 ...
  • 明治23年9月御霊文楽座で四代目鶴澤徳太郎を襲名。 ...
  • 明治26年1月御霊文楽座にて三代目鶴澤叶を襲名。 ...