御霊屋

全て 名詞
66 の例文 (0.00 秒)
  • 現在の本堂は、鳥取藩主の御霊屋であった唯一現存する江戸期の建物である。 ...
  • 台徳院霊廟は増上寺本堂南側の南御霊屋に東を正面として営まれた。 ...
  • この御霊屋は1954年に名古屋東照宮に移築されてその本殿となっている。 ...
  • 地元では御霊屋とも呼ばれている。 ...
  • 一家は、御霊屋下の家を借りて住んだ。 ...
  • 浄土宗寺院の本堂内には犬鳴檀家の祖霊位牌が安置してある御霊屋がある。 ...
  • 残された義直の御霊屋は徳川家霊廟とされ、歴代藩主や正室などの位牌が祀られた。 ...
  • 有章院霊廟は増上寺本堂北側の北御霊屋の北半部を占め、東を正面として営まれていた。 ...
  • 文昭院霊廟は増上寺本堂北側の北御霊屋の南半部を占め、東を正面として営まれていた。 ...
  • 坂を上ると現在の信号のある地点で御霊屋御掃除屋敷に突き当たり、その裏に金地院があって、現在の東京タワーに至る道は存在しなかった。 ...
  • この寺の本堂は創建当時は小松姫の御霊屋として使用されていたもので、昭和41年に長野県の文化財に指定されている。 ...
  • 其の時、全然同じ一手段で夫れも立派な旗本が一人、芝の御霊屋おたまや華表とりい側で切り仆されたではありませんか。 ...
  • 江戸時代初期の当地は天領であったが、徳川家継の死に伴い、有章院殿御霊屋料として増上寺領となった。 ...
  • これを宮殿の塀にたとえて見ますと、私の塀は肩ぐらいの高さで、人はその上から建物や室内のよさがのぞけますが、先生の塀は何丈という高さですから、門をさがしあてて中にはいって見ないと、御霊屋みたまやの美しさや、文武百官の盛んな装おいを見ることが出来ないのです。 ...
  • なお開口部の覆屋である御霊屋は天保15年の建立で、内部には石燈籠1対が建てられている。 ...
  • 御霊屋は本殿・相之間・拝殿が一体となった権現造である。 ...
  • その中でも、もと御霊屋みたまや坊主の龍円は、拝領屋敷の龍円と呼ばれて江戸中に鳴り響いた悪坊主だった。 ...
  • 次へ