御霊宮

7 の例文 (0.00 秒)
  • この地はその名の通り長尾氏発祥の地であり、そこにある御霊宮は長尾氏一門の祖先祭祀の中心であった。 ...
  • その後の天養元年、安積郡の農民が景政に感謝し、二本目の鏑矢が落ちた地で「御霊宮」を建ててその霊を合祀して村内安全を祈ったのが始まり。 ...
  • この地はその名の通り上杉氏筆頭重臣の長尾氏発祥の地であり、そこにある御霊宮は長尾氏一門の祖先祭祀の中心であった。 ...
  • 折りしも、長尾景仲は年の終わりが近いということで、同じく家宰であった義兄の長尾実景に留守を託して長尾郷の御霊宮に泊りがけで参詣に出ており、憲忠はそのまま、成氏の御所に出仕した。 ...
  • だが、享徳3年12月27日、景仲が長尾郷の御霊宮に泊りがけで参詣に出ていた夜に、憲忠は成氏の御所において、成氏軍に討たれてしまう。 ...
  • 天照大御神、大己貴大神、少彦名神を主祭神とし、猿田彦神、八幡神、稲荷神、天満神、御霊宮、太子堂などを合祀。 ...