御霊合戦

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • この御霊合戦により山名方が有利となったことを危惧し、翌年には細川方が巻き返しを図った。 ...
  • 甥である細川勝元とは関係が深く、勝元と共に畠山政長を支援して御霊合戦にも出陣しているが政長を助けることはできなかった。 ...
  • これに対して宗全は後花園上皇・後土御門天皇を確保して義就を支援したのに対し、勝元は義政の命令で畠山家の争いに関与することを禁じられていたため、御霊合戦では静観していた。 ...
  • 御霊合戦で義就に敗れて一旦姿をくらましたが6月に幕府から赦免され復帰、勝元率いる東軍に属して宗全・義就ら西軍と戦った。 ...
  • 御霊合戦は義就の勝利に終わり、義政が諸大名に調停を行っていたため大乱への拡大は避けられ、1月以降の行事は平穏に進められた。 ...
  • 義就と宗全は御霊合戦で政長を破ったが、政長に肩入れしていた勝元が反撃を開始し応仁元年、応仁の乱が勃発した。 ...
  • 特に朝倉孝景の活躍は目覚しく、御霊合戦では義就に加勢して政長軍を破り、一条大宮の戦いでも戦果を挙げて東軍から討伐対象に挙げられていた程であった。 ...
  • 河内守護であった畠山義就はお家騒動に敗れ家督を従弟の畠山政長に交替させられていたが、文正元年に山名宗全・斯波義廉らの招きに応じ大和で挙兵して河内を制圧、そのまま上洛して翌年の御霊合戦で政長に勝利して当主に復帰した。 ...
  • さらに御霊合戦では義就に加勢し、政長を駆逐させる。 ...
  • 応仁の乱が始まった応仁元年の御霊合戦で畠山義就に加勢、文明4年8月に隠居した宗全から家督を継承、翌5年に応仁の乱の最中に宗全が死去したため、文明6年に東軍方の細川政元と和睦する。 ...
  • 畠山義就は乱直前のクーデターで守護職を取り戻し、御霊合戦で畠山政長を破り立場を固めた。 ...
  • 御霊合戦または上御霊神社の戦いは、応仁の乱における戦闘の1つで、文正2年1月18日から19日にかけて現在の京都府京都市上京区上御霊神社で畠山義就軍と畠山政長軍が衝突した。 ...
  • thumb|300px|応仁の乱 御霊合戦の後、細川勝元は四国など領地9カ国の兵を京都へ集結させるなど緊張が高まった。 ...
  • 御霊合戦、上京の戦い、相国寺の戦いなど主要合戦に参戦、伏見稲荷に籠もって西軍を苦しめた足軽大将・骨皮道賢を討ち取ったのも孝景である。 ...