御霊信仰

全て 名詞
57 の例文 (0.00 秒)
  • なお、当社は御霊神社という名称ではあるが、御霊信仰とは関係がない。 ...
  • 一方で、御霊信仰と疫神信仰の融合から出たのが牛頭天王の信仰である。 ...
  • この暴動は伝承の御霊信仰の念仏踊りに鼓舞された祝祭的なものであった。 ...
  • 本地物語の出現は、御霊信仰のやや力を失ひはじめた頃からの事である。 ...
  • 後に御霊信仰の成立により人の死霊や生霊も祟りを及ぼすとされるようになった。 ...
  • 殆どの人物神は、天満宮に代表されるように、御霊信仰に基づくものである。 ...
  • 御霊信仰に基づき、平将門の神霊を鎮めるために創祀されたという説もある。 ...
  • この御霊信仰が、人を神と祀る人神信仰の始まりであり、幽霊への信仰の始まりでもあった。 ...
  • 御霊信仰が明確化するのは平安時代以降であるが、その上限がどこまでさかのぼれるかどうかは、ひとによって理解が一定していない。 ...
  • また、一般に御霊信仰の代表例として鎌倉権五郎が語られることが多いが、彼は怨霊というよりは、超人的な英雄としての性格や祖霊信仰に基づく面が強いように考えられる。 ...
  • 御霊信仰に関連するものとして、疫神信仰がある。 ...
  • これも御霊信仰の一つである。 ...
  • 御霊信仰は、政治的闘争において敗北して処刑された人の霊が、疫病などの祟りを行うと信じて、その霊を慰めようとする信仰であり、怨霊信仰の一種とされる。 ...
  • 修験道の御霊信仰の影響であると云われている。 ...
  • 古代になると、政治的に失脚した者や、戦乱での敗北者などの霊が、その相手や敵に災いをもたらすという考え方から、平安期に御霊信仰というものが現れるようになった。 ...
  • これは、いわゆる疫病神の疱瘡神やかぜの神を祭ることによって、これを防ぐもので御霊信仰に類似するものがある。 ...
  • 後に触れる御霊信仰の一つ牛頭天王を祀るところでははっきり疫病神を鎮める性格を持っている。 ...
  • 次へ