御進物

27 の例文 (0.00 秒)
  • そしてお前自身もこの御進物の一部となってくれ。 ...
  • そしてお前の御進物は、御覧のとおり、悦びと満足をもって嘉納されました。 ...
  • いかにも、私はまちがいなく、御進物を教王カリフにお届けいたすでございましょう。 ...
  • この他にもお茶漬け海苔や御進物用の各種佃煮の詰め合わせなどのギフト用商品も販売している。 ...
  • 王はこの御進物をたいそう喜ばれ、漁師に四千ドラクムを与えるようにお命じになりました。 ...
  • 西洋ではクリスマスとか近親の誕生日とかだけにのみ贈り物をする習慣であって、日本の如く他人の家を訪問するごとに御進物を持っていくようなことはないのであります。 ...
  • さもなければ、今後御進物をお持ちする者はみな、あの値段を出発点として、自分の望みをめるようになりましょう。 ...
  • 森平七郎の家は、以前、幕府の御進物御番ごしんもつごばんをつとめていた小西十兵衛こにしじゅうべえという旗本の別邸であったそうな。 ...
  • さればわしは親愛の念をもって悦んで、あなたの御主人の御進物を受けるが、お礼にあなたを通じて何かお返しをしたい。 ...
  • それらの御進物は、次のような品々でした。 ...
  • 風月堂の、御進物用の箱を貰った時の悦びを忘れない。 ...
  • 「それも将軍家からの御進物でござる」 もとより彼女は、ただそのはだかの人形のなまなましさにおどろいただけではない。 ...
  • ある日のこと、王がお妃、美わしいシリーンと御一緒に、露台に坐っておいでになりますと、一人の漁師が大きさも美しさも並外れた一匹の魚を、御進物に持ってまいりました。 ...
  • だがサザエは、御進物用のおはぎをカツオとワカメに食べられたことで怒ったりと、生活は相変わらずだ。 ...
  • それにまた、御贔屓を乞う者は誰でもそうしなければならないけれど、御主君に対する忠実な臣下の敬意のしるしに、お前が王様に献上しなければならない御進物は、いったいどこにありますか。 ...
  • そこで金剛王子は王の御手の間に進み出て、敬意と祈願ののち、琥珀こはくの数珠に下げていた赤い真珠を、御進物として献上しましたが、これは非常に尊い品で、ワーカークの全国土を以ってしてもその代価を支払いきれまいし、どんなに強大な王とても、その姉妹を手に入れることはできないくらいの品です。 ...
  • この番組をモチーフとした日本香堂「御進物用線香」のCMが2008年から毎年11月から12月にかけて放送されていた。 ...
  • 次へ