御普請

68 の例文 (0.01 秒)
  • それについて、一両日中にゃわっちらは吉良様の御普請の仕事をはじめる。 ...
  • 隣家の妻は御普請役の家の者のことでもあるから、旅などに出るのであろうか、と相応の挨拶をしておいた。 ...
  • 慶長12年に駿河御普請役を勤めた際に、徳川家康から馬を拝領している。 ...
  • 領民の賦役は別として、ジャックは三万エキュほどをお城の御普請に費した。 ...
  • 翌年の春までに被害を受けたところの御普請ごふしんもできたのだが、吾妻川の川ぶちに祖母島そぼしま村というところがあった。 ...
  • 地改めで遣わした御普請ふしん役が帰ってきて話したことで、さぎ大蔵おおくらの家の釣狐に似ている物語である。 ...
  • 正月が近いから、それで御普請をなさるのだろうと表の方では言っていましたけれど、奥の方はそれだけでは納まりません。 ...
  • 久留米藩の上級の家臣団の屋敷や御郡支配方、御普請方などの藩役所が多く設けられていた。 ...
  • 庄兵衛は御普請の節にはくれぐれもよろしくと、ようやく安堵の表情が見えた。 ...
  • 慶長16年の禁裏御普請衆として名が残っている。 ...
  • 主君・秀康は互いに父親の愛情薄い三経の身の上を案じて御普請与頭に任じて重く用いた。 ...
  • けれども御乱行が激しくおなりなされましたのは、お拾さまの御誕生やら伏見城の御普請やらがあってからのことでござります。
  • ものは分け持ちや、おれ達は持分の御普請ごふしんに精出すのが何より阿弥陀あみださまへの御奉公じゃ。 ...
  • 寛政年間の頃には、凶作や御普請御手伝などの原因から人吉藩は財政が貧窮していた。 ...
  • 幕府による災害復旧の御普請はほぼ天領に限られ、各大名領に対する救恤は多くが貸付金という形であった。 ...
  • 善光寺では本堂の横手に「十銭から御普請のお手伝いを願います」と立札を立てている。 ...
  • 脇本陣わきほんじんとやらで、たいそうお立派な御普請でございます。 ...
  • 次へ