御参詣

49 の例文 (0.00 秒)
  • 最初の頃はお弟子さんがちょいちょい見えましたけれど、この頃ではあんまり御参詣もないようです。
  • 五年前からここへ来て少しばかり菓子など商っておりますが、この頃は御参詣の人がないので商売もございません。
  • 御参詣は附けたりで、実はわたくしもお花見の方ですからね。 ...
  • 御参詣おまゐりの人も無い寺なので、内の者は内陣ないぢんで本尊様を拝む。 ...
  • 唯今ただいまも御参詣のお姿を、あれからお見受け申して、あとを慕って来ましたほどで。 ...
  • お前さんも御参詣でしたか。
  • わたし達は御参詣を済ませて来ますから。
  • そんなところへ近寄らないのが一番無事なんですが、この氷川さまは小日向一円の総鎮守そうちんじゅというのですから、御参詣をしないわけには行かない。 ...
  • 君子 それじゃあ時々に御参詣に来られますわね。 ...
  • 長禅寺まで来てこの一行が止まったから、さては何か不意の御用があって、このお寺へ御参詣のことと思われました。 ...
  • きょうも午頃から出て行って、ゆっくり御参詣をして、あかりの付く頃には帰って来られるんですからね。 ...
  • ようこそ御参詣なされたとて、明日は御ふだを上げましょうと言う故、おれはただはいはいと言って、おじぎばかりしていた。 ...
  • しかし、念のために土地の女の風俗を見ようと、山王様御参詣ごさんけいは、その下心だったかとも存じられます。
  • 「これはお早い御参詣ですな」 源三郎をみて、僅かに眉をひそめたのは、巻羽織で八丁堀の役人と気づいたためらしい。 ...
  • それが世間に知れ渡ると、公方くぼう様でさえも御参詣なさるのだからと云うので、また俄かに信心者が増して来て、わたくし共の若いときにも随分参詣人がありました。 ...
  • 御参詣でございますか。
  • なにしろ京の清水といえば昔から有名であり、長谷寺も江戸では有名であり、しかも時候は三月の桜どきで、郊外散歩ながらの御参詣にはお誂え向きというわけですから、繁昌したのも無理はありません。 ...
  • 次へ