御中

全て 名詞
68 の例文 (0.00 秒)
  • どちらでもよいように永山氏はただ大浦天主堂御中という指名にされてある。 ...
  • 名臣の子として文成帝に抜擢され、侍御中散となり、侍御長に転じた。 ...
  • それに御中と書き加えてないのが半分あった。 ...
  • 侍御中散の王橋と賈氏のあいだの子として生まれた。 ...
  • 忠実さを評価されて、抜擢されて侍御中散となり、鞏県侯の爵位を受けた。 ...
  • 局への投書のなかで、ある学校の児童たちからのはがきだけはみな「御中」と書き加えてあったのである。 ...
  • 殿下を御中に一同再び記念の撮影をする。 ...
  • 建久元年に源頼朝が上洛した際に堀親家が御中物奉行に任じられたのが最古の例である。 ...
  • ペン字のくせに一字一画ゆるがせにしない筆法極めて正確な楷書で、なにがし商店御中とある。 ...
  • 御中言だが、僕なんぞはあんな本は、そんなに幾種類も翻譯本を出して流布させたくはないね。
  • 曹爽の失脚後は中央に復帰して、御史中丞・御中廷尉となった。 ...
  • 最初に自然発生した神は、天の御中主命みなかぬしのみこと高御産巣日神たかみむすびのかみ神産巣日神かむむすびのかみの三神です。 ...
  • 名は御中とも記される。 ...
  • 氏は御中とも記される。 ...
  • その独化神は、盖しかの天御中主ノ神と、同一視す可きものなり。 ...
  • 何回も書いたことだが、いまだに「御中」の使い方を知らぬのが、あとをたたぬ。 ...
  • ただし、天御中主から彥瀲までの世数は宋史日本伝では「二十三世」であり、全ての名前が列挙されて数も合っているため、「三十二世」は二と三を取り違えた可能性が高い。 ...
  • 次へ