従容として

全て 名詞
163 の例文 (0.00 秒)
  • 最期の言葉は遺されていないが、従容しょうようとして、みごとな最期であったという。 ...
  • が、父は静かに従容しょうようとして死につきました。 ...
  • 秀次の陣へと引き出された政実・実親兄弟らは死を覚悟しており従容として斬首された。 ...
  • あたかもすでに 死に方の舞台げいこをすませた者のように、従容しょうようとして死につきました。 ...
  • 従容として死を迎えた以上、自分もまたタカヤマの死を冷静に受け止めてあげなければならないとわかってはいる。 ...
  • 決して自暴自棄になっているのではなく、波であれ、虎であれ、従容として運命の訪れを待つといった顔色であった。 ...
  • でも、死が不可避なら、従容しょうようとしてそれに従っちまってもいいや。 ...
  • 従容しようようとして入って来た長安の最後の愛妾を迎えつつ、六文銭はあっけにとられた顔であった。 ...
  • そういう最悪の場合に立ちいたっても、従容しょうようとして帰するがごとく身を持さねばならぬ。 ...
  • この騒ぎを余所よそに大杉は相変らず従容しょうようとして児供の乳母車を推して運動していた。 ...
  • しかし、神と人とのため、日々従容しょうようとして、罰金や投獄の危険を冒している人の口から出たこの言葉は、人を感動させずにはおかぬ力をもっていた。 ...
  • そして、それゆえに、震えおののくこともなく彼は、近づいてくる迫害者の声を従容しょうようとして聞くことができたのである。 ...
  • 後に弾圧を受けた際、多くの志士が脱藩する中で武市は従容として投獄されたという。 ...
  • そして、従容しょうようとして刑場の露と消えたということです。 ...
  • 家康をしっかと取り込めたいという秀吉の苦肉の策だが、これを家康は従容として受けた。 ...
  • 司令官の責任を重んじ、ここに従容しようようとして艦と運命を共にす。
  • 彼は統帥の拙劣と先見性の欠如を批判する代りに、従容として死を選んだからである。 ...
  • 次へ