従容として死

29 の例文 (0.00 秒)
  • ソクラテスが従容として死に就いたのはそのためであったであろう。 ...
  • そんなにも従容しようようとして死につくことができるものだろうかと、わたしは激しく心を打たれた。 ...
  • このとき空円は静かに念仏を唱え、従容として死についたという。 ...
  • 英雄として死ぬのなら、従容しょうようとして死に就くだろうと思うんだ。 ...
  • 多くの女性が従容として死につき、また少なからぬ殉死者もあった。 ...
  • 従容として死を迎えられそうな気がする。 ...
  • が、父は静かに従容しょうようとして死につきました。 ...
  • あたかもすでに 死に方の舞台げいこをすませた者のように、従容しょうようとして死につきました。 ...
  • 従容として死を迎えた以上、自分もまたタカヤマの死を冷静に受け止めてあげなければならないとわかってはいる。 ...
  • 彼は統帥の拙劣と先見性の欠如を批判する代りに、従容として死を選んだからである。 ...
  • 覚悟していた大助は、従容しようようとして死についた。 ...
  • 彼はゼノビアの不幸に憐みを示し、嘆く友人を逆に激励し、従容しようようとして死に赴いた。 ...
  • 五郎信盛は、母を抱いたのち、従容しょうようとして死に就いている。 ...
  • アラスカの雪原地帯で凍死せんとしている主人公は、樹の幹に背をもたせ、従容しようようとして死を迎える。 ...
  • 黒いA・Tは間違いなく、奴を殺すため俺たちの前に出現し、シャ・バックは従容しょうようとして死を迎え入れた。 ...
  • しかし次の晩、裁判が行なわれ、サン・ジャンの日の夜明け少し前に、ルイ公が絞殺されたこと、彼が従容しょうようとして死についたことを人々は知らされた。 ...
  • 見事に宗教に帰依し、宗教家でさえもなかなか到達し得ないような宗教的高みに到達し、従容として死の地へ赴いた死刑囚の話ばかりであった。 ...
  • 次へ